朝日電器は配線器具、AVアクセサリー、照明器具、防犯用品など生活に役立つ商品を開発しています。

Home > テーブルタップの正しい使い方 > 弊社製品のスイッチ構造

テーブルタップの正しい使い方

正しく知って安全に使いましょう。現在のスイッチの構造
弊社製品を含め一般的に、ツマミとスイッチ本体にスキマがあり、ここからホコリや液体がスイッチ内部に入り、短絡する可能性があります。

また、スイッチの構造につきましては、ツマミをスイッチ本体にはめ込む構造となっておりますが、薬品がかかったり、清掃時に洗剤を使用された場合は、樹脂が割れ、ツマミがスイッチ本体から飛び出し、スイッチ内部で通電する可能性があります。
スイッチ構造図
洗剤等のご使用は、パッケージにも注意書きを行っており、また、上記の点をご注意いただき、通常ご使用いただく中で発生するものではございませんが、念の為、スイッチの構造を変更してツマミが外れにくい構造にしていきます。

※お手入れの際は、洗剤や漂白剤は使用せず、乾いた布で拭いてください。

このページの先頭へ

copyright@2013 ASAHI ELECTRIC CO,LTD. All rights Reserved.